CodeGear™、アジャイルWeb 2.0開発をサポートするRuby on Rails向け開発環境の概要を公開

概要: 新しい統合開発環境がRailsのデータドリブンWeb 2.0アプリケーション向けのオープンソースWeb開発フレームワークをサポート

2007514 米国カリフォルニア州スコッツバレー】Web開発者は、そのスピードと使いやすさから、Ruby on Railsフレームワークに注目しています。これに対しCodeGearは、Web 2.0アプリケーションの構築においてRubyユーザーの生産性をより高める、新しいテクノロジーを導入します。

開発ツール市場をリードするCodeGearは、本日、Ruby on Rails向けの統合開発環境(IDE:Integrated Development Environment)について、ベータテストを開始し、2007年後半に製品を出荷予定であることを発表しました。

オレゴン州ポートランドで開催されるRailsConf 2007にて公開するこの新しいテクノロジーは、経験豊富なRails開発者でも初心者でも、効率的かつ迅速にRuby on Railsアプリケーションを構築できるように設計された、革新的な生産性向上機能を提供します。

Ruby on Railsの作者であるDavid Heinemeier Hansson氏は、次のように述べています。

「Railsのエコシステムが、商用ツールベンダーを巻き込んでそれ自身拡大していくさまを見ることは、大変励みになることです。私は、心からCodeGearをこの舞台に迎え入れようと思います。CodeGearがどのようなアイデアを思いつくのか、わくわくします。それはまさに、Railsの世界で共通点のあるユーザーとベンダーにとってすばらしい時だといえます。」

CodeGear 製品管理兼戦略担当副社長 マイケル・スウィンデルは、次のように述べています。

「Ruby on Railsは、最小のコーディングで、高機能な、データドリブンのWeb 2.0アプリケーションを、迅速かつ簡単に開発できるので、極めて重要なWebアプリケーションプラットフォームになってきています。しかし、その生産性の背後にある『マジック』は、現実のWebアプリケーションを開発し、拡張、保守していく開発者にとって、新たな課題を生んでいます。

私たちの新しいRuby on Railsテクノロジーは、単にRubyスクリプトを編集、デバッグする作業から一歩踏み出し、こうした課題に対処します。それは、初心者には手ほどきをし、専門家には作業を合理化する包括的なRails中心の開発環境を提供するものです。また、新しいCodeGearのIDEのイノベーションを基盤としたこのツールは、コマンドライン、IDE、ビジュアル開発者のいずれにもほぼ同じくアピールできるようになる最初のツールでもあるのです。」

CodeGearが提供するRuby on Railsテクノロジーの主な機能は以下のとおりです。

  • コード補完、リファクタリング、タイプブラウザとナビゲーションなどの高度な機能を利用できるRuby and Railsをフルサポートした完全な統合開発環境
  • コマンドライン開発のパワーと、IDEやウィザード、CodeInsightなどの使いやすさと生産性を独自にブレンドした革新的な新機能「Commander」
  • リレーションシップやロケーション、フォーマットが異なってもすべてのリソースに対してシームレスに働く「依存性の可視化とナビゲーション」
  • Ruby、Rails、Gems、データベースを含む、開発から配布までのフルセットモジュール

CodeGearは、オープンソーステクノロジーとRuby on Railsの取り組みにおけるオープンソースプロジェクトの活用を促進しており、パッチやコードの寄贈によって、Ruby向けのEclipse Dynamic Languages Tool Kit (DLTK) を積極的にサポートしています。

マイケル・スウィンデルは、「私たちは、ビジネスからプロモーション、コード提供に至るまで、極めて積極的にRuby on Railsコミュニティで活動していく計画です。Ruby on Railsは、CodeGearにとって、非常にエキサイティングな言語/プラットフォームです。私たちは、付加価値を提供できるどのような方法にもかかわっていきたいと思います。」と語っています。

    提供時期

新しいRuby on Railsテクノロジーは、現在2007年後半にCodeGear製品として提供する計画です。サポートプラットフォームは、Microsoft Windows® XP、MacおよびLinuxを予定しています。Ruby on Railsテクノロジーの詳細については、www.codegear.com をご覧ください。

日本においては、2007年6月5日に開催される「第5回 CodeGear デベロッパーキャンプ」にて、Ruby on Railsテクノロジーを初公開する予定です。詳細については、http://www.codegear.com/jp/about/events をご覧ください。

以上

    CodeGearについて

ボーランドソフトウェアコーポレーション(NASDAQ:BORL)の開発ツール部門は、「CodeGear」として、開発者に100%フォーカスしたビジネスを展開しています。CodeGearは、個人から企業の開発チームに至る広範囲のソフトウェア開発者のために、高い生産性を生み出す革新的な開発ツールを提供します。CodeGearの製品は、複雑なテクノロジーとタスクを単純化し、プラットフォームの選択の呪縛から開発者を解放します。これにより、開発者は、アプリケーションを構成するインフラの影響を最小化できるので、アプリケーション設計に集中できるようになります。CodeGearの取り組みについては、http://www.codegear.com/jp をご覧ください。

ボーランド株式会社 CodeGear事業本部は、開発者に100%フォーカスしたビジネスを展開する「CodeGear」の日本法人における組織です。

Delphi、C++Builder、JBuilder、InterBaseおよびすべてのCodeGearブランドおよび製品名は、米国およびその他の国におけるBorland Software Corporationまたはその子会社のサービスマーク、商標、または登録商標です。その他すべてのマークは、その所有者に帰属します。

# # #

Safe Harbor Statement:

This release contains "forward-looking statements" as defined under the U.S. Federal Securities Laws, including the Private Securities Litigation Reform Act of 1995 and is subject to the safe harbors created by such laws. Forward-looking statements may relate to, but are not limited to, the features available in, and the potential benefits to be derived from, CodeGear products and solutions, and the release dates, plans and market acceptance of such products and solutions, including the CodeGear Ruby on Rails product. Such forward-looking statements are based on current expectations that involve a number of uncertainties and risks that may cause actual events or results to differ materially. Factors that could cause actual events or results to differ materially include, among others, the following: rapid technological change that can adversely affect the demand for CodeGear products, shifts in customer demand, shifts in strategic relationships, delays in CodeGear’s ability to deliver its products and services, software errors or announcements by competitors. These and other risks may be detailed from time to time in Borland Software Corporation periodic reports filed with the Securities and Exchange Commission, including, but not limited to, its latest Annual Report on Form 10-K and its latest Quarterly Report on Form 10-Q, copies of which may be obtained from www.sec.gov. Borland is under no obligation to (and expressly disclaims any such obligation to) update or alter its forward-looking statements whether as a result of new information, future events or otherwise. Information contained in our website is not incorporated by reference in, or made part of this press release.

 
Copyright© 1994 - 2013 Embarcadero Technologies, Inc. All rights reserved. お問い合わせ   サイトマップ   法的通知   個人情報取り扱いの方針   著作権侵害について